HOME>アーカイブ>選択肢をすべて検討した上で納得の行く治療方法を選ぶ

腫瘍の成長を阻害することはできる

一番の治療は腫瘍を取り除くことですが、薬物療法で腫瘍の成長を阻害したり、頭痛などの症状を緩和することで進行を食い止めることができます。

脳腫瘍患者を受け入れている病院の患者数ランキング

国立がん研究センター中央病院

国内のがん治療のノウハウが集結した病院のため、患者数も多いです。

首都圏なら東京医科大学病院

総合病院なので、後遺症の併発時も安心して治療が受けられます。

関西は大阪国際がんセンター

関西圏にお住まいの方が、近くで頼れる病院です。

東海なら静岡がんセンター

東海地方で患者退院数の1,2を争う大きな病院です。

地方でも治療できる琉球大学病院

関東・関西に病院が集中しがちですが、沖縄でも多くの治療が行われています。

費用はどれくらいか

医者と看護師

脳腫瘍は脳に腫瘍ができる病気で、腫瘍が発見されたときには少しでも早く治療を開始することが大切な疾患になります。しかし、脳腫瘍の場合には、病院代が不安という人もおり、その費用や相場などが気になる人も多いといえます。基本的にこの疾患で病院を受診したり、お薬をもらって飲むなどの場合には健康保険が適用されますし、費用が多くかかった場合には高額医療費として一定額を超えた費用が返還されるようになっています。治療費の対象になるのが、検査代や診察台、お薬代などで、保険適用の治療を選択することで負担額を抑えることができます。しかし、保険適用外の治療を選択すると、健康保険の一定額の負担を超えてしまう場合が多いです。

医師の指示をよく聞こう

医者と患者

脳腫瘍の治療は外科的なものや内服的なものなど、症状に応じて違ってきていますし、入院が必要な場合なども多くあります。そのような場合には治療代が不安という人も多いといえますが、医師の指示に従ってお薬を服用したり、手術などを受けたりすることでよくなることが期待できます。

大切なことがある

看護師と患者

脳腫瘍は再発などもあると言われていますので、治療完了するまではお薬などがあればきちんと服用し、養生しながら過ごすことが大切です。きちんと病院に通い、定期的に医師の治療を継続的に受けることが大切になります。

広告募集中